子犬の譲渡会

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

血液検査

今日はお薬のことと血液検査のため、病院へ行ってきました。

5月26日との比較です。

WBC 白血球数(6000~19500μl)  800 → 48300

これは前回白血球数がとても減ってたので増やすためのお薬を飲んでたからかな。増えすぎかeye

そのお薬はお休みして、ステロイドの量も半量にしましょう、とのこと。

赤血球数もちょっとね。。。

RBC 赤血球数(550~850万/μl)   329 → 287

PCV 赤血球容積比(37~55%)   25.4 → 20.9

Hb  ヘモグロビン(12~18g/dl)  7.6 → 6.6

ん~。減ってる。。。貧血がひどいと体が動かせなくてぐったりなっちゃうんですよね。マコは寝てばかりですが、まだぐったりとは違うかな。

PCVが20%をきったら輸血するとのことでした。

 

TP 総蛋白(5.2~8.2g/dl)      5.4 → 5.9

これは大丈夫。

 

食欲、便、ご機嫌、どれも良くなってきていますが、しっかり経過観察しなきゃいけません。

そうそう、これも元気になったら治るんだろうけど・・・毛が抜けるsweat02

もともとマルチーズはそんなに抜けないのにね。

薬のせいだったり体調が悪い証拠だろうな。。。痩せた上に背中とかスケッとなっちゃって、可哀想なくらいsweat02

Photo

でもこんなにリラックスできるようになりましたsmile

病犬とは思えませんよsweat01

久しぶりの・・

25日の水曜日に下痢ピーをしてからずっと止まってて、嘔吐もなく、療法食も良く食べてるし、そろそろ出るんじゃ・・・と思っていたら。

今日、昼間、形のあるかたいンコが出たーーー。マコ、やったね!アップできないけど写真撮っちゃったもんね^^;

黄疸が出てて皮膚もまっ黄っ黄だったのに、少しピンク色が戻ってきてる気がするし。

次回の血液検査、ちょっと期待しちゃう。

あとは療法食のアドバイスをもらって、3キロ切っちゃった体重を少しずつ増やして、元気になってほしいな。。

励ましのメールやお見舞いに来てくれた友達、ほんとに有り難かったです。引き続きマコも私も頑張りますPhoto

検査結果

今日は久しぶりに病院へ行かずに自宅療養となりました。

白血球を増やす薬や肝臓の薬、腸の薬、ステロイド等、処方されたお薬を飲みながら様子を見て、急激な変化がなければ数日はおうちでゆっくりできるかな。

今のところぐったり寝てばかりですが、下痢嘔吐なく、療法食も食べてくれました。

次の血液検査までしっかりお薬を飲んで、改善してほしい。

マコの過去3回(5/16・5/20・5/26 )の血液検査結果まとめ。

                            

WBC 白血球数(6000~19500μl) 13100→  → 800

RBC 赤血球数(550~850万/μl)  736→  → 329

PCV 赤血球容積比(37~55%)  55.1→  → 25.4

Hb  ヘモグロビン(12~18g/dl) 16.8→  → 7.6

PLT 血小板(17.5~50.0万/μl)   47.8→  → 1.2

TP 総蛋白(5.2~8.2g/dl)     6.7→ 4.5 → 5.4

Alb アルブミン(2.2~3.9g/dl)   2.2→ 1.3 → 2.4

ALT アラニンアミノトランスフェラーゼ(10~100IU)  →  → 275

AST アスパラギン酸アミノトランスデラーゼ(0~50IU)280→  → 72

ALKPアルカリホスファターゼ(23~212IU)        →  → 2000

TBil 総ビリルビン(0~0.9mg/dl)   →  → 6.7 

Na ナトリウム(143~158mEq/L)  140→ 146 →

K カリウム(2.5~5.1mEq/L)    4.4→ 2.7 →  

Cl クロール(105~118mEq/L)   99→ 104 →

Ca カルシウム(7.9~12.0mg/dl)  8.0→ 6.7 → 

ほんとは記念日なんだけど

今日5月26日は引っ越し記念日。ちょうど1年経ちましたG56

ほんとならちょっとばかり記念日ぽくしたいところだったんだけど、マコがこんなだしダンナは出張でいないしsweat01

 

マコは昨日の朝下痢と、昼間2回嘔吐があったきり、その後どちらの症状もありません。止まってます。すごい。

昨晩は調子が良くなってきたのか、ほんのすこーしですが食べてくれました。ここしばらくまともに口から食べられなかったのにね。すごい。

食事は今までのフードではなくて、先生から勧められたスーパーローファット食。

じゃがいもと鶏のささみをレンジでチンしてペースト状にします。

今朝もわりと食べてくれました。無理やり飲ませてたお薬も、このペーストに包んであげたらペロッと。嬉しかったなぁ。

この感じだと今日は点滴お休みできるかな・・・ちょっと期待をしつつ病院へ。

着いたらすぐ、今日は血液検査をしましょうと言われました。たしかに気になるところはいっぱいあったので知りたい。

結果は白血球数、赤血球数は激減、肝臓の数値は激増。

下痢嘔吐が止まってることと、食べてくれるようになったことでほんとに嬉しかったのに、悪すぎな数字を付きつけられると、あぁやっぱり現実は厳しい。そうそううまくはいかないか、と。ショックでかい。

・・・けど頑張らにゃね。

Photo

 

パピはちょっと食べてくれるようになりました。

Papi

マコ用お芋ちゃんご飯が気に入ってしまったパピ。

マコと私の間に入ってきて横取りしちゃうの。ハンスト続けられるよりいいわ。

マコ近況

リンパ管拡張症の診断が出た時は、ここまで重くきつい病気だとは知りませんでした。

症状としては下痢、嘔吐、食欲不振。

始めはステロイド諸々のお薬も少ない量で症状が治まってくれていました。一時期はやめられるくらいまで体調が安定してたこともありました。

でもホッとしてたのもつかの間、また下痢、嘔吐が始まり、症状や体の大きさからするとマックス量のステロイドの投与が始まったのが5月9日。

すぐに効果は現れて、下痢も嘔吐も止まり食欲も出て、ステロイドに多少の抵抗はあったもののマコがこれでラクに過ごせるなら飲み続けて、病気と付き合っていかなければいけないんだな~と納得していました。

ところが。良い状態は1週間も続きませんでした。

そこからのマコの衰弱ぶりはもう・・・

下痢が止まらず垂れ流しのようになってしまったり、嘔吐もひどい。もちろん何も食べられない。

毎日病院に通って点滴です。

血液検査では総蛋白が4.5まで減少(基準値は5.2~8.2)、アルブミンが1.3まで減少(基準値は2.2~3.9)、ナトリウムやカリウム、カルシウムの数値も悪く、全体的にバランスが崩れてしまっていました。

アルブミンの減少は命に関わるとのことで、普通はもちろん犬用のものを使うんでしょうけど、先生からの提案でヒト用のを使ってみませんか?と。

ちょっとお高くてビックリしたけど犬のより効くと聞いてすぐにお願いしました。

腹水も溜まりやすくなってるし、黄疸も出ているし、体重も落ちてしまってガリガリ。白血球も減少。

一昨日は皮膚の所々が内出血してて、検査結果は軽度だそうですがDIC(血管内凝固症候群)を併発してるよう。これこそ即命に関わるので酷くなれば輸血も必要だとか。

昨日は体温が35.4℃とすごく低くて(ワンコは普通38℃くらいかな)、点滴をして循環が良くなれば体温が上がるかな・・と期待しましたが上がらず。

病院から帰ってからはペットボトルにお湯を入れた簡易ゆたんぽで温めています。

ここ2週間くらいで急激に悪化してしまいましたが、点滴の内容も処方されるお薬も、先生を信じて、有効だと思われるものは全て試してみている状況です。

 

あまりの衰弱ぶりにショックで、泣いて電話して、すぐに駆けつけてくれた友達と息子ちゃんにはほんとに感謝してます。ありがとう。マコもヨロヨロしながらも嬉しそうだったもんね。

先生からは、知った人が会いに来てくれると嬉しいだろうし、何よりずっと沈んでるママの声が明るくなるからそれがきっと嬉しかったりするんじゃないかな、と。うん、たしかに。そうかも。

話して、いろいろ聞いてもらって、私も元気になりました。

マコは今日、5月25日は朝からちょっと機嫌がいいんです。昨日と比べて下痢も少なく、嘔吐もしてない。

それでも明日、今晩、何時間後かもしれない、いつ急に何が起こるかわからない目が離せない状況が続きますが、くよくよせず、精一杯看病しなきゃと思います。がんばるぞー。

Photo

 

・・・パピ。こちらもお薬飲み中で気が気じゃないんですが、昨日からハンスト気味sad

う~~~ん。こっちも悩みの種sweat02

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »