子犬の譲渡会

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

ココアちゃん

2頭目の保護ヨーキーのココアちゃん、保護主さんから連絡があって飼い主が現れたそうです。

保護主さんのつてや新聞掲載で、何となく新しい飼い主さんが決まりそうだな~って感じだった矢先に、うちの犬ですと言ってやって来たそうです。

保護主さんもまさか飼い主が現れることはないだろうと思っていたのですぐには信じず、名前を呼ばせてみたりいろいろお話をしたりして慎重に対応してくれました。

そして耳に入れ墨があるんだけど?って聞いてみると、ちゃんとココアちゃんに入ってる番号を言ったそうです。

それで飼い主に間違いない、と・・・

でも保護主さんが保護してから1週間。

飼い主は保健所や警察に「捜してます」という連絡も入れず、チラシを作るでもなく、近所の人に相談するでもなく、言ってみれば放置ですよ。

同じ団地の人でした。

たまたまその飼い主にお隣さんが「お宅のワンちゃん、元気?」と聞いたんだそうです。

そしたら「逃げた」という返事にお隣さんもビックリ、それなら○○さんのところで保護してる犬がお宅のじゃないの?と教えてあげたそう。

それで保護主さん宅にたどり着いたというわけです。

どうやらその飼い主、今年の6月にココアちゃんを拾ったと言っているようです。

そこでも保健所や警察に「保護してます」という連絡をすることもなく、そのまま飼っていたらしいです。

保護して飼うというのはまぁあること。管理所に連れて行かなかっただけでもありがたいことかもしれません。

でも飼い主になると決めたんだったら、もっと責任持ってよね。まず「逃げた」ってありえないけど、万が一もある。だったら真剣に捜そうよ・・・・・1週間も放置なんてありえない。

ほんとなら飼い主が見つかって良かった良かった、となるところなんですが、気になって仕方がありません。

それでも飼い主は飼い主、ココアちゃん感動の再会だった?って保護主さんに聞いてみても、いやーあんまり・・・という返事。

この人が飼い始めて約2ヶ月でしょ、2ヶ月もあればちょっとは絆もできつつあるだろうに。

体のケアをして新しい飼い主さんを見つけてあげたようが良かった・・・と思うのはエゴかな。

 

そして小梅との関連は・・・

保健所、ココアちゃんの飼い主が6月にどこで拾ったかは聞いてないそうなんですよね。ツメあまーい。

場所聞いてたらちょっとは進展あったかもしれないのに。

最初保護主さんから飼い主が現れたよと聞いたときには、ヨーキー連続遺棄事件ではなかったのか・・・と思ったりもしましたが、6月に拾ったという話を信じれば、やっぱり6月7月と立て続けに捨てられてたってことになりますよね。

耳の入れ墨、体の状態、性格、等とても似ている2頭です。

同じことが二度と起こらなければいいのですが。

またヨーキーが・・・

小梅がうちに来てから3週間、なかなかヒートが終わらず避妊手術が受けられなくて長くなっています。

でもここ何日かはもう出血も止まって、近いうちに手術できるな~^^やっと一歩進めるわと思っていた矢先に・・・

小梅が保護された場所からとても近いところで、またヨーキーの女の子が保護されました。

実は小梅の耳の内側には、私も小梅を健康診断に連れて行った時に初めて知ったんですが、固体識別のためか数字の入れ墨が入っています。

しつけもされていないし、抱っこもされ慣れていないし、入れ墨はあるしで、ブリーダーの遺棄だろうなと感じています。

そして今回保護されたヨーキー、運よく私の母のお友達が保護してくれていたので昨日会いに行ってみると、いやな予感は的中、その子にも小梅と同じ耳の内側に入れ墨が・・・

年齢も同じくらいです。本当にショック。

場所と日にちを少しずつ変えて、遺棄して行ってるのではないかな・・・もうこれで終わりにしてほしい・・・

ワンコがおしゃべりできないのでブリーダーとは決め付けられませんが、こんなに暑い中、犬を置き去りにしていってる人間がいるのは事実。

腹立たしいやら悲しいやら・・・

新しい飼い主さんが決まるまで、母のお友達宅で保護してもらえるとのことで、とても助かりました。

かわいいお孫さんがいて、名前決めていいよ~って言ったら元気良く 「ココアちゃん!!」 って^^

Photo

小梅よりちょっと大きめ。とーっても大人しいいい子です。

小梅と同じく10歳くらいでしょうか。

余生を家庭犬として可愛がってくれる方に譲渡できるように頑張らなきゃと思っているところです。

一晩お泊り

昨日管理所に行ったときに、管理棟に入っていた柴犬くんがいました。

会ってみるとこれがまた超かわいいの。性格も顔もheart

これは何とかならないかなと声かけしてたら、ボラ友さんが譲渡先を見つけてくれましたnote

準備があるので明日お迎えしたいとのことで、とりあえず今日管理所から出して我が家に一晩お泊りすることになりました。

Photo_6

男前ですよ。部屋の中からパピマコが興味津々見ている・・・・・ププ(*^m^)

ひとりにしたら鳴くかな・・・夜は添い寝か徹夜か?なんて心配したけど、今のところまーったく鳴かず。

夜遅くクロネコさんが配達に来たけど、その人にも吠えず。

柴ちゃんて、日本犬て、こんなにお利口さんなのかしら。

病院での検査も、フィラリア陰性、便検査でも何も見つかりませんでした。

どこまで手のかからない子・・・

きっと明日の譲渡先の方にも気に入ってもらえるはず。楽しみです。

Photo_7

でもうちのワフーの庭にも合うよね^^;柴ちゃん飼いたくなっちゃったsweat01

 

ヨーキーちゃん

7月30日に動物管理所からヨーキーの女の子を出してきましたdog

経緯はというと・・・管理所から出す1週間前の22日、上宗方にある大分銀行わさだ支店前で保護、その人が稙田交番に届けたそうです。

そしてその日のうちに保健所が引き取り、動物管理所に収容。

飼い主がお迎えに来ることもなく、暑い中1週間も管理所の中でよく頑張りましたよ。

性格はというと、とても気が小さく臆病・・・抱っこしようとすると床にベターっと伏せちゃって、怖がってる?で、抱っこすると体がガチガチ。

普通なら可愛がられてるはずのヨーキーが、抱っこされ慣れてない。甘えてこない。いったいどんな環境で育てられてきたのか・・・

年齢もけっこういってるかな。歯もほとんどありません。顔まわりの毛は散切り。

でもこれから心のケアと体を健康にして、こんな子だからこそって言って飼ってくれる方もいるはずsign01諦めませんよ~dash

Photo

 

Photo_2

美人さんなんですよ。

我が家のお庭散策が日課。

Photo_3

マコとはたまーにお話してるようですが

Photo_4

パピとのからみはまだありませんsweat01

多頭飼いでもまったく問題なさそうです。

Photo_5

仮名 小梅ちゃん。

もうちょっとケアして、新しい飼い主さん募集となります。

ご協力どうぞよろしくお願いします。

セミ助け

先日ダンナとワンたちと一緒に夜のお散歩に行きました。

うちに帰ってきてダンナが、「あっこれ何?!」と言いながらマグライトを照らした先にいたのが、1匹のセミちゃん。

妙なかたちと色をしてたので理解するまでに時間がかかったのですが。。。抜け殻が体についたまま、羽化したばかりのセミが地面に落ちてたのでした。

あぁ・・・羽化途中で落ちちゃったのか、可哀想に・・・と思いながらじっと見てたらまだ動いてる~~sweat01

けっこう元気に動いてたのでそのまま庭の木にとまらせると、どんどん上に登っていきました。

まだ羽なんて開いてなくてクチャっとしてましたが、それから30分ほどして見に行くと・・・

Photo

おぉ。見事に羽がのびてますよ。

Photo_3 

なんかツヤツヤして目もグリグリしてて、ちょっと虫苦手な私にはグロく見えますが。羽がクチャっとしたところも撮っておけばよかったなsweat01

今頃どこかで鳴いてるだろうか・・・

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »