子犬の譲渡会

無料ブログはココログ

« 秋らしくなってきました | トップページ | 再会2 »

慰霊祭

今日は動物管理所で動物慰霊祭が行われました。

動物病院の先生&スタッフさん、県の職員さん、ボランティア、本当にたくさんの方がいらっしゃってました。

Photo_2

平成19年度の大分県の統計です。

まず犬。

子犬・・・引取り : 696頭  捕獲 : 522頭 (計1218頭)

成犬・・・引取り : 738頭  捕獲 : 1076頭 (計1814頭)

管理所に入った犬3032頭のうち、譲渡が315頭、返還(飼い主のお迎え)が236頭

そして殺処分が2481頭です。

 

猫は捕獲がありません。

子猫・・・引取り : 1676頭

成猫・・・引取り : 744頭

計2420頭のうち、譲渡が43頭、殺処分が2377頭です。

 

不幸な犬猫がたった1年間でこんなにもいます。

どうしたら減らせるのでしょう?

まず一番に広めたいのが避妊手術です。

今飼っている犬猫に子どもが生まれることを望まないのであれば、避妊手術をして下さい。

子どもが生まれないためにということだけではなく、避妊・去勢手術は病気の予防や性格の安定というメリットもあるのです。

それから迷子にしないこと。

万が一迷子にしてしまったのであれば、本気で探して下さい。

飼い犬が行方不明になったら

1

そして最後に、病気になってしまっても最期まで看てあげて下さい。

動物も人間と一緒、病気にもなります。

でも実際病気だからと管理所に持ち込む人がいるのです。

命を終えるその場所がガス室なんて残酷です。

決して安楽死ではないのです。

Dog1

 

Dog

 

Cat  

 

Photo_3

 

Photo_4

動物に限らず、自分より弱いモノの命を大切にできない、思えない人は多分自分の、家族の、友達の命も大切に思えないような気がするんですよね。

「命の大切さ」ってそんなに伝えるの難しいのかな。

わざわざ伝えなくてもみんな分かってるはずなのにと思ってしまいます。

管理棟で会った犬たちの瞳を思い浮かべながら・・・どうぞ安らかにお眠り下さい。

===

一昨日の譲渡会で残念ながらご縁がなかったモーモー子。

今日も元気でしたよ。

Photo_5

ベロベロベローー^^

隣は一緒に残ってしまった茶色ちゃん。仲良し。

命を繋げる場所と終える場所が一緒というのは、正直複雑な気持ちになるんですが・・・

でもわずかな譲渡会のチャンス、頑張らねばねー。

« 秋らしくなってきました | トップページ | 再会2 »

コメント

1年間になんて多く処分されてるんでしょう・・・・・
とても悲しいことですね。
少しでも数が減りますように。

今年も慰霊祭の日をむかえたんですね。くしくも 今日は アメリカで 9・11テロのあった日。 命について 考えさせられる一日でした。

人間は 多くの動物たちの命をいただいて生きています。
それは 生かされているのであって 決して 人間だけの特権では ないはずです。私も 大病をしてみて 思います。動物や 弱者にやさしい社会はみんなが住みやすい社会であるはずです。

papiママさん、こんばんは。
初めてお邪魔させていただいてます。素敵なブログですね。
今日は、サチのブログへのコメントをありがとうございました。リンクもしていただいて、本当にうれしく思っています。
今日の日記を読ませていただきました。殺処分の頭数を知って、驚きました。こんなにもたくさんの命が失われていたんですね。とても悲しく思いました。
あの時、サチを連れて帰ることができて、本当によかったと思っています。第三希望の中にも実は入れてなかったのですが、どうしても連れて帰りたくて最後にサークルの中に残されていたサチを選びました。
サチを迎えるにあたって、家族で色々と話し合いました。今は去勢手術も終え、実はその時にマイクロチップも入れてもらったんです。サチは我が家の家族です。せっかくいただいた子ですので、大切に育てていこうと思っています。
今日は、本当にありがとうございました。

♪みずさま
とても多いでしょう?昨年よりは少し減ってるのですが、引取りの数が増えているので・・・減ったね良かったねでは済まされません。
とにかく一人一人が責任持って動物を飼うこと、これが基本なんですけどね、悲しいことにそうは思ってない人がいるのが現実なんですよね・・・。

♪バリエモンさま
私も9.11だな・・・と思いながら慰霊祭に向かいました。
人も動物も同じ命、人間だけが特別ではありません。
命の大切さとか思いやりとか、優しさの基本みたいなのが薄れてきているのかなぁ・・・
多くの動物たちの命をいただいて生きていること、私もいつも感謝しています。

♪まいこさま
こんばんは~
遊びに来てくださってありがとうございま~す^^

殺処分頭数、県のHPから誰でも見れるんですが、みんな知らないでしょう?
譲渡会ばっかりアピールして、現状はなかなか一般の方に知られず終わってしまいます。
譲渡会での譲渡数も、管理所に入った子犬の数からしてみたらほんとーにわずかです。
それでも、1頭でも多くの命を助けられればと思って、しあわせなしっぽは活動しています。
サチくんがまいこさんご家族に迎えていただけたのは、すごく強い縁があったのだと思います^^
譲渡が決まった日ももちろん嬉しいですが、譲渡後幸せに暮らしているわんちゃんを拝見させていただけるのが何より幸せです。
ありがとうございました。

慰霊祭が行われたのですね。
私も遠くからですが合掌させてもらいます。

改めて数字にするとものすごい数ですね。
引き取りというのは持ち込みということですよね?
数の多さに愕然としました。
いままで一緒に暮らしていた
犬や猫を管理所に連れてくる
神経が理解できません。
どんな理由があってもそれは
ダメだと思います。
病気になったから連れてくる人がいると聞いて驚き溜息がでました。。。
そんな時はもっともっとの愛情が必要なはずですよね。
それは人間だって他の生き物だって同じだと思います。

papiママのいうとおり『命の尊さ』って教えてなくてももっと分かっているものだと
私も思っていますし、思いたいですが、実際はそうでない人が大勢いて悲しいです。

生まれてきた命を処分するという悲しく辛いことをしないために去勢、避妊は重要ですね。

♪のんちゃん
やはり昨年度もいつもと変わらない数字となってしまいました。
管理棟の中にいる犬たち、ほとんどが首輪をしています。
絶対に飼い主がいて、迷子か飼い主からの持ち込みでしかありえません。
犬猫に限らず、軽い気持ちで動物を飼い始める人が多いんでしょうね。
のんちゃんも、『命の尊さ』って教えてなくてももっと分かっているものだ、って思うよねぇ。
現実はそうではないことを目の当たりにして、本当に悲しく思うよ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190559/42445232

この記事へのトラックバック一覧です: 慰霊祭:

« 秋らしくなってきました | トップページ | 再会2 »