子犬の譲渡会

無料ブログはココログ

« すっかり元通り | トップページ | お散歩 »

老化の兆し

パピは2000年10月29日生まれ。6歳を過ぎました。

昨年のいつ頃からか、光の加減で目が白っぽく見えるようになってきていたんです。

ちょっと年齢的にも早いような気がするけど、白内障になりかけてるのかなぁと心配になって病院の先生にも相談してみました。

とくに今すぐどうにかしなきゃいけない程ではないですよ、ルテインの投与で進行を遅らせることもできますとのことでした。

目にルテインがいいって、人間と同じだ~。

で、ネットでいろいろ探してみて続けているのがコレ

Eye_1

ルテイン配合の液体で、パピの体重(5㎏以下)だったらスポイド一回分をご飯に注いで与えます。

もう半年以上は続けているんですがパピにはけっこう効いてきているようで、もう白く見えないほどになりました。

犬の白内障で調べてみると、犬の場合は盲目になっても人間ほど生活に重大な影響を与えないとか、家の中にいる限り物にぶつかったりすることはないとか書かれています。

そのため飼い主が犬の視力低下や盲目になったことに気づくのが遅くなることもあるらしいのです。

それほど犬は視力に依存してないってことですが、飼い主としては「見えなくなる」のはやっぱり悲しい。

治療としては点眼療法か外科療法。

パピももっと年をとってくればサプリメントくらいじゃ進行を遅らせることができなくなるかもしれません。

Papimanma

パピが子どもの頃の懐かしい写真(’-’*)

左のシーズーはパピとうちゃんの実家の両親が飼っていた「まんまちゃん」

今はもう亡くなっていますが、年をとってから白内障になり見えなくなってしまい、その時手術も考えたそうですが年齢による体の負担が怖くて結局手術はせずじまいでした。

まだまだパピは6歳。

これから倍以上の年月を一緒に過ごしていきますが、目だけではなく老化に伴ういろんな病気にかかってしまうかも・・・・・

心の準備だけはしておかないとなぁ~と思っています。

« すっかり元通り | トップページ | お散歩 »

コメント

早く気づいてよかったね☆
それにルテインが効いたようで
良かったですね\(^o^)/

この世のすべてのものは年をとるので
しかたないと、分かってはいるのですが、
時に切なくなりますね(*_*)

幼い時のパピちゃんもとても可愛いですね♪

♪のんちゃん
今は効いてるようだけど、どんどん年をとっていきますからね~。
目だけじゃなく病院のお世話になることが増えていくでしょうね。
のんちゃんちの花子ちゃんの具合はどうかな?

子どもの頃のパピ、耳毛がまだなくって顔も幼くて可愛いよね。
こんなに耳毛が伸びてくれるなんて思ってなかったよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190559/14447105

この記事へのトラックバック一覧です: 老化の兆し:

» 白内障 [お得情報の豆知識]
白内障ってどんなものかご存じなんですねか? 白内障とは目の中のレンズの役割をし... [続きを読む]

« すっかり元通り | トップページ | お散歩 »