子犬の譲渡会

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

お散歩

昨日は久しぶりにえっちゃん&プーちゃん親子と一緒に七瀬川自然公園へお散歩に行ってきました。

風も日差しも強くて暑いは眩しいは、私にとってはばてばての気候でしたがわんこたちはとっても元気!

Photo_223

Sakura

Photo_224

Photo_226

Papi_21

えっちゃんが大好きなパピ。

久しぶりにえっちゃんに会えたので嬉し~♪体調も良くなったので嬉し~♪

ご機嫌で散歩してましたよ。

相変わらずプーちゃんにはグワォーーって言ってましたが。

いつもゴメンねプーちゃん(T△T) 

1_49

夜はばて気味のパピでした。

老化の兆し

パピは2000年10月29日生まれ。6歳を過ぎました。

昨年のいつ頃からか、光の加減で目が白っぽく見えるようになってきていたんです。

ちょっと年齢的にも早いような気がするけど、白内障になりかけてるのかなぁと心配になって病院の先生にも相談してみました。

とくに今すぐどうにかしなきゃいけない程ではないですよ、ルテインの投与で進行を遅らせることもできますとのことでした。

目にルテインがいいって、人間と同じだ~。

で、ネットでいろいろ探してみて続けているのがコレ

Eye_1

ルテイン配合の液体で、パピの体重(5㎏以下)だったらスポイド一回分をご飯に注いで与えます。

もう半年以上は続けているんですがパピにはけっこう効いてきているようで、もう白く見えないほどになりました。

犬の白内障で調べてみると、犬の場合は盲目になっても人間ほど生活に重大な影響を与えないとか、家の中にいる限り物にぶつかったりすることはないとか書かれています。

そのため飼い主が犬の視力低下や盲目になったことに気づくのが遅くなることもあるらしいのです。

それほど犬は視力に依存してないってことですが、飼い主としては「見えなくなる」のはやっぱり悲しい。

治療としては点眼療法か外科療法。

パピももっと年をとってくればサプリメントくらいじゃ進行を遅らせることができなくなるかもしれません。

Papimanma

パピが子どもの頃の懐かしい写真(’-’*)

左のシーズーはパピとうちゃんの実家の両親が飼っていた「まんまちゃん」

今はもう亡くなっていますが、年をとってから白内障になり見えなくなってしまい、その時手術も考えたそうですが年齢による体の負担が怖くて結局手術はせずじまいでした。

まだまだパピは6歳。

これから倍以上の年月を一緒に過ごしていきますが、目だけではなく老化に伴ういろんな病気にかかってしまうかも・・・・・

心の準備だけはしておかないとなぁ~と思っています。

すっかり元通り

今朝はパピから「そろそろ起きろよ?」と言われるまでぐっすり眠った私。

はっ!パピの様子は?・・・・・・・・ドキドキしながら起きていくと

Papi12

おぉ!普段通りしっぽふりふり、ご機嫌なパピではありませんか!!

Papi5_4

えぇぇぇ( ̄△ ̄) ・・・・・・それはやっぱりチビがいなくて、久しぶりにゆっくり眠れて満足だわ~って言いたいの?

まぁ確かに分からんでもないが。

昨晩からご飯を少なめにあげてたので、どうやらお腹が減ってるようす。

Papi1_16

はいはい~、すぐご飯の用意しますからね~。ちと待ってておくれ。

Papi9_1

そんなに空腹ですか。ささみをレンジでチンしたりお水を替えたりするんだからもうちょっと待ってて。

Papi10

はいはい、いつもならこんなに「ご飯ちょーだい」攻撃はないのに今日はさすがに空腹らしい(^.^;

朝ごはんの完食も珍しいことです。

ご飯の後は遊ぶ気分にもなったようで

Papi17

「投げて~」と言ってきます。

あ~普段通りに戻ってくれた~。よかったよかった♪

でもまだチビが入っていたサークルは片づけてなくてそのままにしてるもんだから、時々パピがクンクンしに行ってます。

ベランダに出ても

Papi21

チビの残り香があるのかい?

昨日病院に行ったから体調がいいのも分かるけど、チビがいなくなったとたんに普段通り元気になるってことはやっぱりそんなにチビがイヤだった?

Papi19

はぁ~(;´д` )それは薄々感じてたけど、ここまでとは・・・・。

多頭飼いの私の夢は叶わないかしらねぇ。

チビ譲渡会へ

チビが我が家で過ごして2週間。譲渡会の日がやってきました!

Chibi3

新しい飼い主さん、きっと決まるだろうという期待とやっぱり不安な気持ちと入り混じった朝を迎えたんですが、そんな中パピが大量に嘔吐。びびって焦ってぼさぼさ頭にスッピンで病院へ。

点滴と胃の炎症を抑える注射を打ってもらいました。

やっぱりチビがいるストレスがかなりあったんだろうなぁ・・・。

病院から帰ってパピも落ち着いたようなので、急いでチビを連れて譲渡会へ。

チビもクマちゃんのように車酔いすることなく、キャリーバッグの中から「出しやがれ~」と言いっぱなしで無事譲渡会場へ到着。

今日はチビを加えて男の子5頭、女の子6頭のわんこたち。

朝から雨が降っててたくさん来てくれるだろうかと不安な中、春休み効果なのかそれはそれはたくさんの方々が来てくれました。

Chibi6

チビはやっぱり今日のわんこたちの中でも一番チビ。

そしてチビ以外はみんな雨で泥んこ(^.^;チビは雨に濡れずに申し訳ないくらいキレイで目立ってましたね。

1匹のわんこに希望が重なる場合もあるので第2第3希望まで決めてもらって、重なったわんこは抽選で決めます。

チビは一番人気で4人の方が希望を出してくれて、抽選で朝早くから来て一番に「チビがいい」と言ってくれていた方に決定。

とても大事にしてくれそうな優しい方で、本当に嬉しく安心しました。

そしてなんと!

今日は11頭みんなに新しい飼い主さんが決まったんですよ\(^ω^\)( /^ω^)/

最後に決まったわんこは今日が譲渡会3回目のおてんば娘で、その子には第3希望の方が一人だけ。

その方に第1か第2希望のわんこが決まったので残ってしまったんです。

うわぁどうしょーと思って「まだこの子だけ決まってませんーー」って抱っこして言ってたら「この子ももらって帰ります」って言ってくれた方がいて、最後の最後で命が繋がりました。

嬉し泣きしちゃいましたよ~。

みんな今日から家族の元で安心して眠れるねヽ(^____^)ノ

わんこたちのお世話をしながらもパピが気がかりだったのでいつもより早めに帰宅。

迎えてくれたパピはもういつも通り、朝食べれなかったご飯を食べてくれました。

空っぽになったチビがいたサークルを見ると寂しいけど、パピに対してだけは本当に反省です。

大人の女の子のポメちゃんを迎えたときは大丈夫だったのに、仔犬はどうしても甲高い声で鳴き叫ぶ要求吠えをしてしまいます。

それが夜中でも早朝でも昼間でも関係なく始まるので、私が睡眠不足になったんだからパピも同じ、随分ストレスになったんだろうなぁ。

早く、要求吠えが聞こえない部屋があるお家を建てたいもんだ!

チビは今頃どうしてるかな~・・・・・。

クマちゃん

先週の土曜日、予定通りくまちゃんを新しい家族の元へ送りに行ってきました。

朝から大雨で私の雨女ぶりを存分に発揮してたんだけど、一緒に行ってくれたパピとうちゃんのパワーで出かける頃にはすっかり止んでしまいました。(⌒∇⌒。)

よぉクマちゃん、一週間ぶりね。

Kuma6

元気にしてたかな?今日はお迎えに来たんだよ~。

Kuma5

隣の市までだから・・・・そうだな、車で40分くらいかな。

クマちゃんの新しい家族のとこまでロングドライブだよ。

Nene_1

クマちゃんのお母さんのネネちゃん。

新しい犬小屋を用意してるとのことだったので、ネネちゃんの匂いのついたタオルをもらって行きました。

Kuma8

何となくネネちゃんもクマちゃんもお別れだと分かっているような表情。

けれどネネちゃんご心配なく(^―^) 

これからクマちゃんは新しい家族に迎えられて幸せに暮らしていきますよ。

Kuma7

初めてのドライブなのできっと酔ってゲローだとかウンだとかしちゃうかもねと、シートが汚れてもいいようにして、雑巾やゴミ袋やウエットティッシュもたくさん用意して準備万端、さぁ出発!

運転はパピとうちゃん、私は後ろの座席でクマちゃんをしっかりホールド。

興奮して息は荒くなってましたが、着くまでずっと私に体を預けておすわりしてくれて心配してた車酔いもなく驚くほどおりこうさんでした。

Kuma9

お姉ちゃんもお母さんもそれは喜んでくれて、早速近所を散歩してくれました。

Kuma11

あっちでクンクン。

Kuma10

こっちでシャー(=^^=)

初めての場所で興味津々、確認が済んで落ち着いたところで私たちもクマちゃんとお別れです。

今回はとてもよいご家族と出会えて、私もお見合いからお届けまでとても良い経験をさせてもらいました。

クマちゃん、幸せになってね~\(^ ^)/

パピ病院へ

昨日からパピの体調がよろしくない。

体の震えと、抱っこをした時にヒャン!と鳴いたり、おしっこの回数もいつもより少ない感じ。

体の震えは四六時中ではなく、落ち着いて寝ていた時間もあったので昨日は一日様子を見ていたんだけど、今日は朝から震えがひどくて、昨晩からおしっこをした様子もなくって・・・。

病院の時間までちょっと気分転換でもと外に連れて行ったら、なんとかおしっこはしてくれてホッ。

でも歩いている途中でまたヒャンと鳴いたり、いつもはぴょんぴょん登れる階段を躊躇したりと、やっぱりどっかヘン。

朝一で先生に診てもらうと、腰か足かに痛みがあるんでしょうってことでリンゴ味の鎮痛剤を飲ませてもらって、2日分のお薬もいただいて様子をみることに。

これで症状が変わらず食欲もなくなってきたら内臓からきているかもしれない、とのことで血液検査をする予定なんですが、帰りの車の中ではもう顔つきも体も普通に戻ってきてる。

すごい即効性!?

もしかして私みたいに、具合が悪くて寝込んでいるのに病院に行ったとたんになんだか治ったような気になって元気になる「病は気から」タイプ?(* ̄m ̄)

こりゃぁいいぞと帰ってすぐにご飯をあげたらモリモリ食べてくれました~♪

おしっこもドバッとしてくれましたし、震えも止まったし、ひと安心です。

Papi1_15

一日ずっと寝てました。顔つきも良くなってきました。

夜のご飯も

Papi2_6

完食~(*^▽^*)  あぁぁ~ホントに安心しました♪

ご飯をモリモリ食べてくれて、健康なウンをモリッとf(^_^; してくれた時が一番安心する時なんですよねぇ。

私はというと心配しすぎて自律神経を刺激したのか、それがストレスと感じてしまったのか、また耳鳴りがぁぁぁ!

チビを怖がるパピに弱っちい~なんて言ってたけど、私の方がよっぽど。あぁ情けない。

成長した?

昨晩は中、高校時代からの主婦友だち3人と子どもたち3人が遊びに来てくれました。

私たちのバカ笑いの大声と子どもたちになぜなぜしてもらったりと、チビはちょっとお疲れ気味のようす。

Chibi

ぐったり(^m^ )

チビが我が家に来て1週間、すこ~しずつですが成長してきているようです。

初めは甘噛みが激しくてエキサイトしてくると痛いほど。側を歩くとパジャマのすそにも噛みついてきたりして、とにかくやんちゃ!!

でもだんだん私の「表情」「怒ってる声と褒めてる声の違い」「言葉」を理解してくれてきているようで

「いけない」「噛まない」「痛い」ですぐに口を離してペロペロ舐めてくれるようになりました。

赤ちゃんですものね~甘噛みは当然だし人との接し方なんて初めから分かってるはずありませんよね~。

そして一番嬉しいのは、嬉しいときのしっぽの振り方が大きくなってきたこと。

手をペロペロ舐める、しっぽを振るという表現は初めはありませんでしたから、1週間でちょっとは成長したかな。

人との接し方がわかって、人をどんどん好きになってくれれば・・・・きっと次回の譲渡会では優しい里親さんに出会えるよね~♪頑張れ~チビ♪

やっぱりピーは・・・

ピーが我が家にやってきてもうじき2年。

雛鳥を買う時にお店では「おしゃべりインコ♂」ってことだったけれど、店主から「100%オスではないですがね~」って言われてた。

それは分かるよ、雛鳥の性別を分けるのはカン?のようなものでしょうから。

成長して「ろう膜」の色が青色ではないので、どうもメスっぽいな~メスだろうな~と何となくは感じていたのですが、確信はありません。

最近私がピーの背中をなぜると「コレって発情してる?」ってポーズをするようになってきていて、パピとうちゃんに「もしかしてピーちゃん卵産むかもね~そしたらメス確定だな~」って笑って話していたのですが

そんな話をした次の日・・・・・・

Photo_219

次の日ですよ。私の予想通り。

Photo_222

オスはいないので当然無精卵なんですが、とうとう産んじゃいました。

やっぱりピーはメスでしたねヽ (´ー`)┌

体に負担になるでしょうから、これからあんまり発情ポーズにさせないようにしたほうがいいのかな、それとも全然関係なく産み続けるのかな・・・・・・。

とりあえず観察だな。

ピー初産卵の日、とっても天気がよくてお犬様たちは

Papichibi3

日向ぼっこ。

この時だけは近くにいますが、パピはチビが近寄るといつものようにガウガウガルガルです。

こんなおチビさんにも弱っちいパピ。

Papichibi1

知らない間にチビが近づいてたりするとびっくりです。弱っちい~(^.^;

Papi_20

嫌いなのは仔犬だけじゃなく犬全部なんですよ(^.^;

いろんなわんこを預りしてても犬嫌いは変わらないのかなぁ~。

お見合い

以前から私のフルートの先生宅のわんこの里親募集をしていました。

Kuma1_1

くまちゃんと名付けられた男の子。

先週里親希望の方とお話ができて、今日は待ちに待ったお見合いの日でした。

お母様と高校生の娘さんお二人で隣の市からわざわざ会いに来てくれました。

初めての人に緊張したのか、くまちゃんたらみんなで近づくとワッホォ~~~ン!!と吠えだしてしまって。

けっこう長い時間だったんですよね (^.^;

そこで娘さんに、くまちゃんと散歩してみたら~?と勧めてみた。

Kuma1_3

予想通りくまちゃんご機嫌(*^m^*)

娘さんも「楽しい~!」と連発。

Kuma2_2

交流大成功で走り回っていました。

Kuma3

すっかり慣れて、もう吠えて警戒するなんてことはありません。

くまちゃんの顔!!めちゃくちゃ楽しそうです。

Kuma4

決めてほしいなぁ~と心で思いながらお母様に、今日来ていらっしゃらないご主人と帰ってからご相談されますか?と聞いてみると、この散歩の様子で気持ちが固まったらしく「いえ、もう決めます」と言ってくださいました。

娘さんたちもとても嬉しそうに、めちゃくちゃ可愛がります~なんて言ってくれました。

帰りがけに聞いてみると、実はもう飼う気まんまんだったらしく新しい名前を決めてたりフードやハウスも用意してるとのこと。

あ~この気持ち分かるなぁ(^-^ )

来週の予定でくまちゃんを新しい家族の元へ連れて行きます。

くまちゃん、良いご家族に出会えましたy(^ー^)y

ほぼ治りました

我が家に来て2日目のチビ。

火曜日の譲渡会の時は

Chibita3

肉球と肉球の間のちょうど真ん中のところと

Chibita4

顔の真ん中のところがぷっくりと腫れちゃっていました。

足がとっても痛そうでずっとびっこをひいていたんですが、炎症を抑える注射をすぐにうってもらったおかげですっかり良くなってきたようです。

ほっとひと安心。

顔のところはもしかして他のわんちゃんとじゃれ合っているうちにカプッとやられちゃったのかなぁなんて

足はもし骨に異常があったらどうしようなんて、いろいろ想像して心配しましたが。

・・・・・・・・・今はもう元気すぎて。

男の子ってこんなにやんちゃなのね(*´ー`)

気弱なパピ

日に日に成長の様子がうかがえるポメちゃん。

初めはまったく興味を示さず、その後パピが遊んでいるのを見てちょっと刺激があったみたいで、でもなかなかくわえる事が出来ずにいたおもちゃ。

やっと克服しました。

Photo_217

今まで遊んだことがなかったんでしょうね。くわえてぴょんぴょん跳ねたり走り回ったり激しいったら。

パピは自分のお気に入りなのに取り返せず遠くから見るだけ(;´д` )

1_47

小さめで綿の入った柔らかい素材のおもちゃが気に入ったようす。

破壊速度は激早!パピのお気に入りボールは危ないところで非難させました。

Photo_218

昨晩ポメちゃんの里親さんになって下さる方がお迎えに来ました。

その方の前でおしっこもウンも(タイミング良すぎ)、ちゃんとシートの上でして見せてくれたポメ。

その方も私も感激!教えた甲斐がありました。

ホントにホントに嬉しかったなぁ~~ヽ(^◇^*)/

せっかくシートの足触りを覚えてくれたのでこのまま続けてしつけをしてもらいたいものです。

2_45

ほんの数日間でしたが家族みんなにとても良い経験をさせてもらいました。

ポメちゃん幸せになるんだよ~(⌒0⌒)/~~~

昨日は月2回の譲渡会の日でした。

オス8頭、メス5頭の13頭。

昨日も寒い中たくさんの方が来てくださり、オス4頭メス3頭が新しい家族とめぐり合えました。

譲渡会の途中で里親希望でわんこを見ていた方から「この犬、足をびっこひいてるよー」と教えていただき、譲渡会が終わってからゆっくり様子を見てみると

・・・・・・・・あら、びっこどころか鼻の上のところもぷっくり腫れてる。

まだ2ヶ月も経たないような仔犬です。

こりゃぁ早く病院に行った方がいいですよね、とボランティアさん達と話しパピがお世話になっている動物病院に連れて行きました。

骨にヒビでも入っていたら大変だなぁとヒヤヒヤで診てもらうと、どうやら足の先のほうを触ると痛がるみたい。

良く見ると肉球もぷっくり腫れてる。

虫か何かに刺されて腫れてきているんでしょうとの診断をいただき、炎症を抑える注射を打ってもらって帰って来ました。

次回2週間後の譲渡会まで我が家で預りです。

1_48

ポメちゃんが今までいたサークルにチビちゃんが住むことになりました。

パピの母性本能が目覚めてくれないかしらと期待してるんだけど、今回もまたあまり興味がないようで遠くから見てるだけ|_ ̄)) チラリ

みんなでお散歩

一時預りをしているポメちゃんはブリーダーさんのところの繁殖犬でした。

我が家に来た次の日散歩に連れて行ってみると

やっぱり想像通りまっすぐ歩けない(・_・、)

車の音や人が怖かったり、でも興味もあるようでキョロキョロウロウロ、そんな歩き方じゃ私が足を踏んづけてしまいますよ。

階段も上り降りできなくってビックリ、経験がないんでしょうねぇ。

初めての散歩は私一人だったのでパピを先に終わらせて、後からポメちゃんだけを連れて行ったんですが

日曜日はパピとうちゃんが一緒だったのでみんな一緒にお散歩へGo!v( ̄ー ̄)v 

4_13

パピが一緒で安心してるのか、散歩は楽しいぞと分かってくれたのか初日に比べて随分うまく散歩できています。

ウロウロは相変わらずですが、何かを見て怖くて立ち止まることはあまりありませんでした。

Photo_216

パピはまったく社会化ができていませんo( _ _ )oこれは私の責任で本当に後悔しています。

なのでポメちゃんを迎えるときパピの反応が一番心配でした。

他のわんこへのクンクンは気づかれないようにそぉ~っと近づいてちゃかりやってるのに

2_44

自分がされるともうタイヘン。目と歯をむき出しにしてグワォーーッ・・・・・・・・ですよ。

あまりにもブサイク顔になるので公開できませんから。

部屋でもこんな調子。ポメちゃんはどうもパピに興味が湧いてきているようで、遊ぼーって言ってるようなんですがパピは全拒否。

ゴメンよ二人とも。かあちゃんが悪いんだ。

5_12

あぁ、これだけ見ると仲良さそうなのに。

先日里親さん候補の方が会いに来てくれたんですが結局ポメちゃんは選ばれませんでした。

この日ポメちゃんを含め3頭のわんことお見合いをして下さっていました。

その中で現在の飼育環境が一番酷い(と言っちゃナンですが、ホントに可哀相な環境でした)わんこを家族に迎えたいと、奥様が「あの目を見たら忘れられなくなった」と決めて下さったらしいんです。

私もずっと気になってて、そのわんこが早く幸せになってほしいと思っていたので本当に嬉しく思います。

心の優しいママの元できっと幸せになってくれるはず。

そしてポメちゃんはというと別の里親さん希望の方が現れ、近いうちに決まりそうですよ。

もう少し時間があったらパピも仲良くなれた?かもしれないなぁと思うとちょっぴり残念ですが、新しい家族の元でたっぷり愛情をもらったほうがいいもんね。

決まりそうだということで昨晩シャンプーをしてあげました。

ガッツリ固まってましたけどね(* ̄m ̄) 楽しかった~。

1_46

パピとうちゃんは「もしかしたらもう会えないかもね~」なんて言いながら出張へ行ってしまいました。

男嫌いだったポメちゃん。初対面の時の怯えようがウソみたいに日に日に慣れてきて、しっぽブンブン、手を出してもベロベロなめてくれるようになって嬉しそうでしたもん(^m^ )

あと少しの間かもしれませんがポメちゃんと楽しく、オシッコのしつけも「完璧」に近づくように頑張らねば。

男嫌い

昨晩出張先から帰ってきたパピとうちゃん。

ポメちゃんとは初対面なわけで、それは楽しみにして帰ってきてくれたと思うんですよ。

それなのに・・・・帰ってそうそう吠えられるうなられる、手を出してみれば怯えられると散々です。

もともと男性嫌いとは聞いていましたがここまでとは。

おやつで釣ってみても側に来るのはその時だけ、遠巻きにとうちゃんを見ながら警戒しています。

これから里親さんになっていただくご家庭に男性がいないなんてそんな都合良くはいかないでしょうし、このままではポメちゃんも(とうちゃんも)かわいそう。

今朝はパピとうちゃんが抱っこにチャレンジ。優し~い声で優し~くなぜなぜしてるのに、膝の上のポメちゃんの緊張ぶりったら( ̄_ ̄|||)

体はガッチガチ、大きなおめめが飛び出そうですよ。

こりゃぁ過去に何かあったのか?と思うほどの男嫌いです。

でもしばらくそのままでいると自然と体が柔らかくなってきました。目もトロンとしてきたりして。

一度膝から下ろしてとうちゃんが呼んでみると

2_43

しっぽをぶんぶん振って手をなめに来てくれました。昨晩のポメからは想像できず、とっても嬉しい♪

お昼には里親さん候補の方がご家族で会いに来てくれました。

ご夫婦と女のお子さん3人。

今朝のとうちゃん抱っこのおかげか男性は怖くないと分かってくれたようで、ご主人にも吠えたり怯えたりすることなく「私可愛いでしょ?アピール」を存分に出来た、と思います。

初めて犬を飼うご家族で、今日は3頭のわんことお見合いする予定らしくまだ、外で飼うか室内で飼うかや男の子にするか女の子にするか迷っていらっしゃいます。

どのわんこと縁があるか分かりませんが、ペットショップではなく里親になる事を選択肢の一つに考えて下さって、本当にありがたいことです。

ポメちゃんを気に入ってくれたら嬉しいんだけどな~。

今日のポメ

水曜日の夜、我が家にやってきたポメラニアンの女の子。

サークルの中で寝かせていたらやっぱり慣れない部屋で不安だったんでしょう、夜中に何度も起こされました。

その声に反応してパピもうなったり吠えたりして熟睡できずじまいでした。

もちろんポメちゃんの要求には応じず朝まで無視。

そして昨晩。

朝までまったく呼ばれることなく眠れました。

パピの方も慣れてきて、明るくなってからポメちゃんが一度だけ「はよ起きろ!」と不満の声を上げてましたがその声にまったく反応しませんでした。

一晩で慣れてくれるなんてどっちもホントにおりこうさん。

そしておしっこも。私が側で見てるとちゃんと出来るようになりました。

1_45

パピの場所なんですけどね(^.^; ちゃんとおしっこをしに行くというのを覚えつつあります。

すごい端っこですけどちゃんとシート内ですよ。

せっかくのこんな機会、パピとのツーショットを撮りたいんですが

Papipome

これが限界。

今日は両親が遊びに来てくれました。

Pome

初めての人に最初はカチコチでしたが、抱っこしてもらってすぐにこんな顔に。

人見知りもなく大丈夫そうですね。

近いうちに里親さん候補の方が会いに来てくれるようです。

どうなるかな~。

結局別の子が

マルチーズの一時預りボランティアをするはずだったんだけど出来なくなって残念だった、ってお話したのが先週の土曜日。

実は昨晩から、ポメラニアンの女の子を里親さんが決まるまで預ることになりました。

今度の課題もオシッコのしつけ。

今までまったくしつけられていないし、もう成犬だし、預りボランティアも初めてだし、パピの反応も気になるし。

そんな不安材料もありましたがお迎えしましたよ~♪

Pome2

ポメラニアンの性格ってどうなんだろうと調べてみたら

朗らか、素直で快活、賢い、とても愛情こまやか。飼い主たちに対するサービス精神も旺盛。表情も非常に豊か。従順でなだめやすい。しつけもしやすい。

ふむふむ。まだ一晩だけのお付き合いだけど確かにそうかもしれない。

家に来てすぐは興奮してて、サークルの中にずっといてもらったんだけど

今朝出してあげてもとくに問題なく、まだ完璧ではないけどちゃんとオシッコシートの上で出来るようになったし、私の表情も見分けるし、とても賢いいい子です。

気になってたパピも問題ナシ。

というのもこのポメちゃん、他のわんこにまったく興味がないご様子。

パピの側を通るとガゥゥゥと怒られるんですが、あら?わたくしいけないことをいたしましたか?という顔をしてまったく平気なようです。

ご挨拶の「おしりクンクン」もちゃんとできました。

パピにとってもちょうど良い性格のわんちゃんが来てくれたみたい。

Pome5

夜寝るとき、私が出かけるとき、私がついて見てあげれないときはサークルの中。

ひっくり返ってお腹まる出しで寝てたりして、可愛いヤツ。

平均体重よりちょっと重めの4.8キロ(^.^;

ついでにダイエット中のパピの体重も量ってみると・・・・・以前とまったく変わらず2.8キロ。

ダイエット方法に何か問題が・・・・(TωT)

成果が出てますよ

毎週月曜日ヨガ教室に行っています。

体はそんなに硬いほうではない、と自分では思っているんですが

足の太ももから膝、アキレス腱にかけた裏側の筋を伸ばすのがきつくて

完成形までできないポーズもありました。

2週間前から毎日、不得意な足の裏側の柔軟とヨガ3ポーズずつくらいを目標に続けていたところ

今まで筋肉が攣りそうになりながらやっていた「犬のポーズ」がとっても楽に出来るようになりましたヽ(^◇^*)/ 

これはうれしい♪

ポーズをばしっとキメてる写真でもあればどんなポーズか分かっていただけるんでしょうが。

どこが犬?っていうようなポーズです。

毎日の積み重ねでちゃんと体は変ってくれます。

続けることは大事ですね(^―^)

散歩VS花粉

Photo_214

冬の間は寒いからねぇ~、暖かくなってからは花粉がねぇ~なんて言い訳してお散歩をサボっていた私。

パピとうちゃんから誘われ久しぶり市民公園まで行ってみることに。

・・・・・・・・・・・はっくしょん!

Papi2_5

しかしこの暖かさはなんだ。桜が咲いてもいいくらいの気温ではないだろか?

・・・・・・・・・・はっくしょん!

Photo_215

花キャベツも人の頭のように成長してるし。・・・・・・・・・・・・はっ・・・・・

Papi1_14

オシッコのあとの闘牛モードは健在でした。・・・・・・・・・・くしょん!

1_44

暖かく風も強く、きっと目に見えないだけで花粉だらけなんだわヘ(゜◇、゜)ノ~

見えたら怖いな、なんて考えていたら。・・・・・・・・・・はっくしょん!

鼻をもぎとりたいくらいムズムズ気持ち悪いし、目もしょぼしょぼ、耳までムズムズ。

とうちゃんもパピまでもが今日はくしゃみしてたし、花粉だらけだったんだろうな。

パピちゃん、やっぱりこの時期もう少しだけお散歩サボらせて下さい。

予定変更

本当は今日からマルチーズの女の子の一時預りをする予定でした。

数週間前に里親さんが決まっていたものの、頑張ってもどうしてもオシッコのしつけが出来ないので申し訳ないけれどお返ししたい・・・・とのことだったんです。

それならば一時預りをしてオシッコのしつけをして

新しい里親さんを探すなり、しつけさえ出来ればまた飼ってもらえるかもしれないと

我が家で預ることにしていたんです。

私がずっと前からしたかった一時預りボランティア。

やっと叶うなぁ、チャレンジしてみよう!と準備万端やる気まんまんで用意を始めました。

パピの子どもの頃のサークルを6年ぶりに出してみたりして。

パピ、チビ~。

Papi1_13

キレイに雑巾で拭いてパピの使っていないベットを借りて、さぁ後はマルちゃんが来るだけ。

そしたらなんと、里親さん宅の四姉妹のうちのどの子だか分かんないけど

「お別れしたくな~~~い!!!」と泣きだしたらしくて。

初めてマルちゃんを迎えたときも、みんな大興奮でとっても喜んでいたそう。

そして教えてあげていたしつけの方法で、オシッコもなんとかシートの上で出来るようになってきたから、やっぱりこのまま飼いたいと言ってきたんです。

私としてはちょっぴり会えなかったことに残念な気持ちもあったんですが

マルちゃんにとってはあっち行ったりこっち行ったり、環境が変ってストレスを感じないわけないですもんね。

里親さんも自分たちでしつけが出来たという自信になったと思います。

これからも末永く可愛がってもらえますように。

マルちゃんのために用意していたサークル。

入口を開けておいたらパピが入って寝ちゃってましたよ~。

Papi4_6

懐かしかったんでしょうか?ずーっと熟睡してます。

Papi5_3

今回は一時預り出来ませんでしたが、今後そんな機会があればぜひお迎えしたいな。

パピにも頑張ってもらわなきゃ。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »