子犬の譲渡会

無料ブログはココログ

« 明けまして譲渡会 | トップページ | リニューアル中 »

電子絵本

今頃知ったんですけど・・・

http://www13.plala.or.jp/namako/ehon.html

「家族なのに」 というタイトルの電子絵本です。

知らない方はぜひ読んでみてください。

もし何かを感じたら、誰かに見せてあげてください。

« 明けまして譲渡会 | トップページ | リニューアル中 »

コメント

ここでの書き込みは初めてですね
しっかりと読ませて頂きました
言葉がありません

♪ひろさん
読んで見ていただけて嬉しいです。
絵本の中だけでなく、現実にこんなわんこもいるわけですからたまりませんよね。
譲渡会のボランティアをするようになって初めて動物管理所に行き、処分場にも入ろうと決めてから、想像以上に首輪がついたままの犬の多さに心が痛いです。
どんな理由でここにいるのか。全部のわんこを連れて帰りたいといつも思います。

絵は可愛いですが。。。
悲しい現実です。。。

家族をなぜ 捨てれるのでしょうか???

以前、偶然、観たことがあるのですが、
観てる途中から涙が止まらなくなって、
終わった後も、心がズ~ン。
いまでも、事アルごとに思い出す
お話です。
このお話は架空じゃないんですよね。
現実に頻繁にききますよね。
譲渡会に連れてこられるコも
こんな理由のコがいるんですよね。

このお話に限らないけれど、
いままで家族として暮らしていたコを
簡単に捨てててしまうような人が、
自分達だけ幸せになれるなんて思えません。
自分本位すぎるよ・・・。

一昨日もパピママのところで
「引っ越すから」と愛護センターに
愛犬を連れてきた人がいたと知り、
本当に悲しくなりました。
よくそんなことができるなと思いました・・・。
なんなんの。
たぶんその人と対面したら私、
怒りで震えるでしょう。

♪なうしかさん
そうなんです、読み始めはほのぼのした話なのかと思ったら・・・。思い出しても涙涙。
切ないとかつらいとか通り越して胸が痛く(感じるのではなくてホントに痛く)なります。

 切ないですね。うちは猫を飼ってますが、猫と赤ちゃんは共存してますよ。
 捨てることはできんなぁ。
 今日の合同新聞の2面に動物の記事がありましたね。

♪のんさん
のんさんも読んだことがあったんですね。
捨てられても家族のことを恨んだり、人間を嫌いになったりしないんですよ。
管理所の処分場のわんたちはみんな尻尾を振って、何もできない私に助けてって言ってくるんです。
牙を剥いて、人間なんかの元にもう生まれてきてやらないと言ってほしい。
こんなことを続けていたら、いつか私たち人間が動物たちから見捨てられてしまうのではないかと怖くなるときがあります。

♪まさ様
悲しい絵本を最後まで読んでくれて本当にありがとう。
この絵本のように、ながく可愛がっていた動物を平気で捨てる人間は現実にいます。たまりませんよね。

我が家は合同新聞ではないんです。
実家にとっててもらおう。

大分合同新聞の14日の朝刊を読みました・・・まささんの書き込みで。
地域猫、地域犬の言葉が大分でも浸透するように願っています!

♪なうしかさん
まだ読んでないんです。
地域犬っていう言葉もあるんですかー知りませんでした。
いろんな人たちが動物愛護に理解をしてくれるようになるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190559/13450759

この記事へのトラックバック一覧です: 電子絵本:

« 明けまして譲渡会 | トップページ | リニューアル中 »