子犬の譲渡会

無料ブログはココログ

« また病院 | トップページ | パピのお気に入り »

初、譲渡会ボランティア

大分県動物管理所での子犬の譲渡会のボランティアに行ってきました。

場所はこちら

Photo_93

着いてすぐに、里親を待つ子犬たちの準備。

オス、メスの違いが分かるように、色の違う番号札をつけ、体重を量ります。

ワクチン接種や駆虫は事前に行われています。

里親希望の方はたくさん来てくれるかな・・・ドキドキ、ドキドキ。

Photo_94

このケージの中に入って、里親希望の方とご対面。

月に2回ある譲渡会、平日なのにたくさんの方に来ていただき、私の想像以上だったのでびっくり!!

今日は10頭の子犬が新たな未来を待っていました。

縁があったのは7頭。

残ってしまった3頭は、次回の譲渡会に出ることになります。

待っててね、きっと今度は縁があるから!

他のわんこに決めて帰っていく女性がいました。

里親が決まらなかった3頭を見て、涙を流してくれて・・・。

私も、里親さんになって下さった方にわんこを渡すときや、連れて帰っていく姿、

犬魂碑の前で、何度かウルウルきましたが、お世話するほうが泣いちゃいけない!と思い・・・

「パピのおでき、パピのおでき・・・ブツブツ・・・」

と呪文のように唱えてガマンしました。なんだそりゃ。

譲渡の日は月2回、火曜日と決まっていますが

1_11

子犬の見学は、毎日できるんです!

今日来ていただいた方の中には、前々から気になっていたわんこがいたらしく

迷わずすぐに決めた方もいました。

家族に迎えるとなれば、これから10年以上、育てていく責任があります。

たった30分程度の対面だけでは決めきれないと思われる方には、

毎日見学できるのはいいことですね。

すぐに決めた方とは反対に1時間以上迷って、結局いろいろな事情があり、連れて帰ることを断念した方もいました。

本当に真剣に、犬を大切に考えて下さった結果ですので、仕方ありません。

今日来て下さった里親希望の方々といろんなお話しができて、充実した、あっと言う間の4時間でした。

皆さんなんて犬好きなんだろう!感謝!!

今日未来がもらえたわんこ達は、間違いなく幸せになれます。

家に帰り着いたらすぐに玄関で、ジーパンと上着を脱ぎ捨て洗濯機へポン!

手も念入りに洗って、留守番をしていたパピを抱っこしてあげました。

が・・・やっぱりニオイチェックされてしまいました。ちょっとヘンな顔になりながら。

ごめんねパピ。

でもパピは、暖かい部屋と、おいしいご飯と、いっぱいのおもちゃと、とうちゃんとかあちゃんがいるでしょ?

かあちゃんねぇ、すこーしだけ、管理所の寂しいわんこ達が幸せになれるように、お手伝いがしたいんだ。

Papi_8

・・・・・・って言ってくれているかは分かりませんが

今後も続けていこうと思います。

« また病院 | トップページ | パピのお気に入り »

コメント

今日はお疲れ様でした。飼って下さる方がいて良かったね。写真を見て、来た人達とわんこちゃんの様子が眼に浮かびます。場所も知っている所だし、想像してしまいました。パピちゃんは、お留守番えらかったね。

 動物って、そういう状況が理解できるんですよね。もらわれていった犬たちは、今頃幸せ気分なんでしょうね。
 うちで飼っていた犬たちももらってきたり、捨てられてた犬でした。今は猫を飼っているけど、もう14歳です。志高湖で拾ってきました。拾ったというか、深夜数台でドライブに行った時にどこからか子猫が出てきて、帰ろうとすると私の車に飛び乗るんですよね。何度下ろしても、私の車にしか飛び乗らないんで、そのまま連れて帰り、実家で現在を迎えています。
 猫も恩を忘れないみたいですよ(笑) 手をたたいたら寄ってくるし。
 他の犬たちも来週には新しい生活場所が見つかるといいですね。

papiママさんが、ドキドキしながら初参加された
譲渡会。
本当に、お疲れ様でしたm(__)m
そして、想像以上の方がこの譲渡会に
集まってくれたそうで、私もなんだか
ホッとしました。
里親さんが決まった7ワンニャンは
良かったですね(^^♪
次回には3ワンニャンも決まることを
陰ながら祈っています。
最近、愛犬が亡くなって沈んでいる
友達にはまだ、こんな会があるよとは
話せないでいるけど、彼女が落ち着いて、
また動物と暮らしたいって話し始めたら
勧めるつもりです(^o^)丿

♪ミナ
家も近いんだし、譲渡会のことをいろんな人に話してね!よろしく!!
まずはいろんな人に知ってもらうことが一番大事だと思ってるので・・・。
マンションじゃなく一軒家に住めばよかったと、犬中心に考えるとそう思ってしまうよ。
里親が決まらず残ってしまう犬がないように、本当にそれだけが願いです。


♪まさ様
うん、昨日の7わんは暖かい部屋で、優しい家族の中で幸せいっぱいだろうなと思います。
また今日、新たな子犬が管理センターへ入ったと思います。
その犬たちと昨日の3わんが全頭残ることなく、新しい家族と出会えることを願っています。

猫ちゃんとの出会いはそんな縁だったんだねー。
気になってました。
この人なら絶対連れて帰ってくれるって分かったんだよ。不思議だねぇ、動物って。


♪のんさん
お友達、悲しい毎日でしょうね・・・。
こんな出会いもあるよって、いつか話してもらえるとうれしいです。
犬を飼おうと思うときに、ペットショップでもいいと思うんです。
ただ、ペットショップの他に「管理センターの子犬」っていう選択肢もあるんだよ、ってことが常識のように定着してくれるといいのになと思います。


友達はものすごく悲しんでいます。
その気持ちが痛いほどわかるから、、、
まだ立ち直るには時間がかかりそうなので、
見守ります。
papiママさんの言うとおり、
「管理センターの子犬」って
いう選択枝も広く知られて定着
してくれるといいですね(^o^)丿

私もつい最近まで、そこに思いが
及んでいなかった一人です。
犬(今のモモ)を探していたとき、
ご近所から迎えるか、
ペットショップかとしか
思いつきませんでしたもの。。。

♪のんさん
たくさんの方に「管理センターの子犬」を知ってもらいたいです。
その一方、ここなら里親を見つけてくれるとアマイ無責任な考えの飼い主が増えて、「持ち込み」を簡単にしてしまっては困るんです。
すぐに便利な所に乗っかってしまおうという人たちもいますから・・・。
ジレンマですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190559/12686985

この記事へのトラックバック一覧です: 初、譲渡会ボランティア:

« また病院 | トップページ | パピのお気に入り »